すぐ債務整理をしたい
という方はコチラ↓

まず相談したい
という方はコチラ↓

電話する▶︎ 電話する▶︎ メールでの相談はこちら

当事務所では、借金が極力家族・職場に
知られないように対応
することができます。

当事務所はこれまで、多くの方の借金のお悩みに向き合ってきました。

かなめ総合法務事務所だからできる、借金問題を極力「ご家族に知られず」に対応できるノウハウがございます。

債務整理が家族に知られる6つのパターン

1.司法書士事務所からの書類が自宅に届いてしまう

よくあるパターン
債務整理を行う場合、書類のやり取りがあります。 その書類が自宅に届いて家族に書類を見られ、知られる可能性が高くなります。

当事務所では
書類の受け取り方法は「郵便局止め」にすることができます。そのため、書類のやり取りで知られる可能性は極めて低くなります。

2.司法書士事務所からの電話が自宅にかかってきてしまう

よくあるパターン
債務整理の手続きの際、司法書士と電話する機会があります。 その際、電話が自宅にかかってきてしまうと、ご家族に知られる可能性が高くなります。

当事務所では
電話連絡をする前に「いつ、どこに」するべきかの確認をします。 その際、「携帯のみ」にすることも可能なため、知られる可能性は極めて低くなります。

3.債務整理の必要書類の発行を家族・職場に頼まないといけない

よくあるパターン
債務整理の手続きによっては、家族・職場に収入証明書や退職金の書類など必要書類の発行を頼まなくてはなりません。 その場合、ご家族・職場に知られる可能性が高いのです。

当事務所では
ご家族に必要書類を頼む際には、どうしても知られてしまうケースがあるので、ご家族がいらっしゃる方には、なるべく知られずにできる可能性が高い手続きをおすすめしています。

4.債務整理後に、減額された借金を返済できなくなってしまう

よくあるパターン
万が一、借金を減額した後に返済ができなくなってしまうと貸金業者から催促の電話がかかってきてしまいます。 それが原因となり、ご家族に知られてしまう可能性があります。

当事務所では
「代行振込みサービス」を実施しているため、借金を支払えなくなった場合でも、貸金業者から連絡がいくことはありません。 万が一支払えなくなくなった場合はご相談ください。

5.クレジットカードを持ってないことを怪しまれた

よくあるパターン
債務整理を行うと、5~10年間クレジットカードを持つことができなくなります。 そのため、クレジットカードを持っていないことを、ご家族が不審に思う可能性があります。

当事務所では
ご家族に説明するために「カードがあったらお金を使い過ぎてしまう」などの理由を用意するといった、極力知られないようにするためのアドバイスをすることが可能です。

6.住宅ローンや車のローンが組めなかった

よくあるパターン
ご結婚されている場合、家や車を購入する機会があるかもしれません。しかし、債務整理をすると、5年間ローンの審査に受からず、不審に思われてご家族に知られてしまう可能性があります。

当事務所では
相談いただければ、どのように説明すればバレにくいのかアドバイスさせていただきます。 また、ローンの審査に落ちた理由が発覚することはないので、債務整理したことが知られる可能性は低いです。

すぐ債務整理をしたい
という方はコチラ↓

まず相談したい
という方はコチラ↓

電話する▶︎ 電話する▶︎ メールでの相談はこちら

借金を完済した方の体験談

当事務所にご相談いただき、家族・職場に知られずに債務整理ができた方の体験談をご紹介します。

Sさん 35歳 神奈川県在住

借金があることをバレたくなかったので、
無理して働いていました。

消費者金融で総額200万円を借りていた当時、返済できるあてもなく、精神的にとても苦しい状態でした。 妻や友人に借金がバレたくなかったので無理して働いていたのですが、心身共におかしくなりかけていました。このままではダメだと思い、かなめ総合法務事務所さんへ相談を決意したのです。
そこで、債務整理についていろいろと教えていただき、債務整理の中でも家族にバレずにできる手続きをとっていただけることになりました。
その結果、月々の返済金額が7万円から3万4千円に減らすことができました。浮いたお金を生活費に回せるようになったことで、生活も立て直すことができました。
今回、なるべく周りの方に迷惑をかけたくない気持ちもあったので、家族や友人にバレないで手続きできて本当に良かったです。

Q&A

Q

ブラックリストに記載されるのが不安です。記載されてしまうと、どうなるのでしょうか?

「ブラックリストに記載される」と聞くだけで、とてもネガティブな印象を持つ方が大変多いですが、デメリットは「数年間、新規の借入れができなくなる」くらいです。ブラックリストに記載されたからといって、
・就職などで不利に働く
・勤務先に知られる
・知られなければ資格に制限が出る
といった影響はございません。新規の借入れができなくなること以外は何も変わらないので、深刻になりすぎる必要はありません。

Q

司法書士や弁護士には堅いイメージがあります。借金したことを怒られたりはしませんか?

そんなことはございません。 一般的に「司法書士」「弁護士」という言葉を聞くと「堅い」「事務的な手続きしかサポートしてくれない」といったイメージがあるかもしれません。しかし、当事務所では債務整理の手続きだけでなく、相談者様の生活にも寄り添った借金問題解決のお手伝いをさせていただいております。
・「家族、職場にバレないようにしたい」
・「借金を完済できるか不安だ」
・「この先どうなるのかわからない」
といったお悩みも、お気軽にご相談ください。

Q

クレジットカードが作成できなくなるのは、やはり大きなデメリットになりますよね?

クレジットカードが使えないことは、大きなデメリットになると感じる方は大変多いです。

しかし、クレジットカードが使えてしまうからこそ、収入以上にお金を使い、支払いが追いつかなくなってしまいます。

債務整理をキッカケに、クレジットカードに頼るのではなく、自分の収入だけで生計を立てられるようになれば、それはデメリットではなくメリットとも考えられます。

また、デビットカードなら分割払い以外は、クレジットカード同様に使うことができますので、利便性が失われることはありません。

Q

ただでさえお金がないので、司法書士費用なんて払えないのですが、どうすればいいですか?

当事務所では、
・相談は何度でも無料
・初期費用0円でも手続き可能
・費用の分割払い可能
ですので、今まとまったお金がなくても手続きを進めることができます。

費用のお支払いに関しては、相談者様の無理のないように計画を立て、司法書士費用を分割でお支払いいただくことができます。

お名前※必須
(フルネームでなくても大丈夫です)
年齢※必須
(半角英数字で記入ください)
電話番号[半角]※必須
(携帯電話・PHSも可能です。ハイフンは不要です)
メールアドレス[半角]※必須
(ご連絡がとれるアドレスをご入力ください)
希望の連絡時間帯の候補※第1希望のみ必須




借入件数※必須
お住まいの都道府県※必須
ご相談内容※必須(該当するものを以下から選択してください。※複数可)
ご相談内容(借金の金額、借入先、滞納しているかどうか、月々の返済額、業者からどんな通知や連絡が来ているかなど自由記入欄。空欄でも問題ありません。)

運営事務所

事務所名 司法書士法人かなめ総合法務事務所
代表司法書士 山中 健太郎(やまなか けんたろう)
所属司法書士会 東京司法書士会所属 登録番号 第6635号
認定番号 1201271 簡裁訴訟代理認定
事務所所在 東池袋オフィス
〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-4
マーブル東池袋8F
池袋オフィス
〒170-0013 豊島区東池袋1-47-12
東光ビル一号館6F
電話番号 0120-564-034
料金
※全て税別
※費用は分割対応可能です
■任意整理
顧客管理手数料(実費) 20,000円
(債権者数に問わず)
着手金 30,000円 (1社あたり)
和解報酬金 20,000円 (1社あたり)
通信費(実費) 10,000円 (1社あたり)
減額報酬 10%
過払金報酬 20%
■時効援用
顧客管理手数料(実費) 20,000円
(債権者数に問わず)
着手金 30,000円 (1社あたり)
通信費(実費) 10,000円 (1社あたり)
■完済過払金請求
顧客管理手数料(実費) 20,000円
(債権者数に問わず)
和解報酬金 20,000円 (1社あたり)
通信費(実費) 10,000円 (1社あたり)
過払金報酬 20%
プライバシーポリシー

©️Copyright 2018借金相談の司法書士法人かなめ法務事務所
All rights reserved.